と、なっていますが、一言では説明できません。

以下をご覧ください。


「特徴1」
電子マネーには発行元、管理先が存在するがビットコインには発行元、管理先が存在しない。
電子マネーには換金性がないが、ビットコインは換金できる。


「作者」
ビットコインが誕生したのは2009年。
正体不明の中本哲史(ナカモトサトシ)という人物がビットコインの仕組みの元となる電子通貨ビットコインの論文をWEB上で発表しました。


「特徴2」
発行元、管理元が存在せず、特定の国家や銀行に依存しない。
発行量の上限が決まっている。


「メリット1」
特定の国家や銀行に依存しない通貨なので、
世界的な経済危機などの有事の際に、
リスクヘッジになる投資先として注目されています。


ビットコインは発行できる上限が約2100万ビットコインまでと
システムで決められています。
なので他の貨幣のように、大量に発行されてインフレを
引き起こすということはありません。


「メリット2」
*送金が早い、手数料が安い。
*ビットコインが普及すればするほど価値が上昇していきます。
*現在ビットコインは世界中に取引所が存在し、
他通貨との交換もスムーズに行われています。


「ビットコインのデメリット・リスク」
*システムがハッキングされる可能性がある。
*ビットコインをやり取りする取引所がハッキングによって、
ビットコインを抜き取られるケースや、
取引所が破綻してビットコインを引き出せなくなるという、
ケースが存在しています。