日経平均CFDとは?

Contract For Difference、の略で一般的には、
「差金決済取引」と言われています。
現物の株式を売買する場合、現金で株式を買い、保有し、売却して売却代金を受取るという流れになりますが、CFDは差金決済取引なので、現物の売買は発生しません。取引に際しては証拠金を預け、銘柄を売買し、その差金のみを決済するという流れになります。


例1
100万円で買付けたCFD価格が110万円になった時に決済
10万円が投資家の利益として確定します。

例2
100万円で買付けたCFD価格が90万円になった時に決済
10万円が投資家の損失として確定 します。

「岡三オンライン証券」様資料より。