コンニチワ、くろすけです。

いつもありがとう御座います。




さて、私、くろすけは一体どんな事件に巻き込まれたのでしょうか?

競馬ビジネスを始めて1年後、私の携帯に見知らぬ登録していない電話番号から電話が掛かってきました。電話を取ると「私は〇△競馬情報会社のAと申します」と、男性の声がしました。





「私の携帯電話番号をどこで仕入れたのかなぁ?」と思いながら男性の話を聞きているとその内容は「今度日曜日〇△競馬場9レース買い目を購入されませんか?」「価格は30万とチョット高いのですが払戻金額は200万になります。」というのです。





これまで私は有料競馬情報購入するのは全てネットでした。モチロンやり取りはメールだったのですが、今回は違ったのです電話による勧誘でした。私は「30万は高くて払えません」と私は一度目の勧誘を断わります。


実際30万なんて手元にあるわけもなく、こんな事嫁さんににも言えません。しかしながら私の競馬ビジネスは開始1年経って競馬にはかなり詳しくなっていましたが、正直ビジネスとしては上手くいってなくて悩んでいた最中の連絡でした。


次の日、競馬情報会社同じ男性から2回目の連絡があり、「弊社の情報は単にデータで買い目を予想するのではなく、馬の世話をしている厩務員からの生情報や、現場にいる弊社トラックマンによる情報なので他社よりかなり確かなのです。」

私の心中悪魔の声が囁きます。

確かに私は馬のレース当日状態が読め無いのが勝てない敗因していましたので、その男性からの情報は大変魅力的に感じました。又、「レース当日まであまり日が無いのと予定人数が決まっているので枠が一杯になれば打ち切ります。」と煽って来ます。


私は悩んだのですが手元がお金が無いので2回目も断りました。しかしある手を使えば払えることを思い出しました。そうです、ローンカードやクレジットカードのキャッシングです。





「30万払っても200万入ればすぐに返済できるぞ!」と私の心中悪魔の声が囁きます。





それはそうだけど、競馬には絶対は無いのでやはり危険と思いながら仕事中もその事が気になって仕方ありません。次の日また同じ男性から連絡があります。「本日午前中で募集を打ち切ります」「あなたは今回初めてなので25万円で情報提供致します」と情報価格を下げてきました。


私は正直初めて勧誘された時から半分は試してみたいという気持ちがあったのです。
私は「絶対に当たりますか?」と確認すると「大丈夫です」と言い切られ結局参加を表明し午前中にキャッシュローンカードからお金を下し指定口座に振り込みました。





私はお金を振り込んだらなんか変に肝が座り、ワクワク感で一杯になりそれからは今度の日曜日レースが楽しみで仕方ありませんでした。そしてレース当日を迎え、競馬情報会社からの連絡を今か今かと待つのでした。

レース当日の出来事。

約束の情報提供時刻13時少し前にその電話は掛かって来ました。同社の同じ男性からで「誠に申し訳御座いません。当社がお勧めしようとした馬状態が悪いことが判明した為、レースは次週に持ち越しとさせて下さい」


「弊社としてもお客様にご迷惑をお掛けするのは本意ではありません」と誠実に謝罪していたのと、詐欺会社であったらこんな連絡をして来ないはずと判断し私はレース来週持越しを了承しました。


そして1週間が経過し約束の時刻13時に連絡が入りましたが、「あのぅ、お客様、誠に申し訳御座いません。本日も馬状態が100%でない事が厩舎より連絡がありました」「後1週間御猶予を頂けないでしょうか」「その代り次週は払戻金300万のレース買い目情報を提供させて頂きます」同じ男性からお詫びとお願いをされたのです。


私としても馬状態100%でない情報を貰っても困るので渋々了承しました。私は誠実な連絡なので詐欺会社でないとは思っていたのですが、翌週半ばに少し心配になりネットでその会社を検索したのです。

驚くべく事実が判明!

検索した結果驚くべくコメントが目に飛び込んできたのです。
「この競馬情報会社に金を振り込んだのに情報提供されない」「馬状態悪いとか言って何度もレースを持ち超えさせられる」「返金しろと言っても返金しない」「こんな会社訴えてやる」


もう目を疑うコメントばかりがネット上に流れているのでした。私は慌てて競馬情報会社に連絡し担当者のAを呼び出し、「ネット上で叩かれているが大丈夫か?」と確認すると、「ネット上のことは全て他社のやっかみですので気になさらずにこちらからの連絡をお待ち下さい」と担当者のAは冷静誠実に対応してくれました。


私は担当Aの事を100%鵜呑みにしたわけではありませんでしたが、「すでにお金は入金しているし、今更四の五の言っても仕方ない」と腹を決め、もし次週も同じであったら返金の話をしようとその日その時刻を悶々と待つのでした。


そして当日を迎えもうすぐ約束の時刻13時です。しかし約束時刻から5分過ぎても10分過ぎても連絡がありません。「レースは14時からなのにどうなっている?」と心配になって同社に連絡するも電話には誰も出ず、何度かけてもダメだったのです。

ここで初めて競馬情報詐欺被害に遭ったことに気が付きます。

その後レース直前まで何度も何度も連絡しましたが誰も出ません。とうとうレース発走時刻になりそこで初めて競馬情報詐欺被害に遭った事を認識するのでした。


悔しい気持ちで一杯ではありましたが、もう1つの問題、キャッシュローンで借りた25万の返済をどうしようと返すあてもなく、私は大きく落ち込むのでした。


「大変な目に遭った、私、くろすけの運命はいかに!」


続きは次週とさせて頂きますが、皆さんも本当に詐欺には注意して下さいね。


本日はここまで、

本日も最後までお付き合い頂き誠にありがとう御座いました。

→その5はこちら



追伸、

あなたの物と心を豊かに出来る無料メルマガです。

是非、御登録頂きお試し下さいませ。

アフィリエイトや無料オファー調査依頼はいつでもお受けします。

何でもお気軽に御連絡下さいませ。^^

ご質問・お問い合わせはこちらからでも可能です。


それでは御機嫌よう!

川島和正メルマガ無料登録